ホーム > プラス・シリアル(小麦)

プラス・シリアル(小麦)

プラス・シリアルの小麦への散布試験(2010年3月~)

プラス・シリアルの小麦への試験を弊社で行いました。


散布状況

散布液作成: プラス・シリアル1%+尿素6%液  バスケットに投入後注水
溶解性は高い



1回目散布状況: 50L/10a ハイクリブームで散布


葉への付着状態:50L/10aなので軽く霧が付着する程度



薬害状況: 尿素6%混用区の、散布量が多い箇所に葉焼けを確認
ただし、軽く葉焼けするくらいのほうが旺盛な栄養生長となる印象。
実際には尿素混用は3%程度までにとどめた方が無難と思われます。


出穂状況: 穂の段数8-10段と多い


2回目散布状況: 50L/10a プラス・シリアル1%+尿素1%液 畦畔ノズルで散布


収穫・結果


左:対象区  右:散布区
穂の密度が違う


左:対象区  右:散布区
穂の長さ・太さが散布区は優っている



圃場エリア

面積(a)

生麦重量(kg)

kg/10a

試験区分

"第1期散布
茎立ち前"

"第2期散布
出穂-開花前"
備考

1
112.0 4,149 370 対象 非散布 非散布

2
92.0 3,086 335 対象 非散布 非散布

3
79.3 1,363 172 対象 非散布 非散布 湿害

4
87.3 3,670 463 散布 NVC1%+尿素6% NVC1%+尿素1%

5
77.5 3,869 499 散布 NVC1%+尿素6% NVC1%+尿素1%

6
110.3 6,459 586 散布 NVC1%+尿素3% NVC1%+尿素1%

7
43.5 2,500 575 散布 非散布 NVC1%+尿素1%

8
31.0 1,854 598 散布 NVC1%+尿素6% NVC1%+尿素1%

9
43.2 2,665 617 散布 NVC1%+尿素6% NVC1%+尿素1%
試験圃場概要(全圃場共通)  三重県四日市市内 散布量50L/10a ※2期散布はトップジンM水和混用
品種 アヤヒカリ 播種11月14日-11月29日
施肥 元肥(化成14-14-14)  40kg/10a
追肥1(硫安) 20kg/10a
追肥2(化成14-14-14) 10kg/10a
結果としては驚くほどの増収となりました。上の収量は生麦重量なので、製品重量は7-8掛けとなります。



過去5年のほぼ同一圃場(米>麦>大豆でローテーション)での収量比較です。
2010対象区から湿害圃場のデータは除いています。
本年は気象条件で生育は良くありませんでしたが、散布区は良好な収量となりました。
ニュートリバントは葉面からの養分供給と共に根からの吸収力も向上させるため、
今年のような湿害気味の条件ではより効果を発揮したと思われます。

試験協力いただいた生産者様の圃場 1
 イワイノダイチ 愛知県豊田市




左:散布区  右:対象区
第1期のみの散布でしたが穂の大きさは優っています。
散布区 対象区
試験協力いただいた生産者様の圃場 2
イワイノダイチ 愛知県安城市

通常は1%濃度での散布ですが、ラジコンヘリでの散布試験のために
25%濃度(!)で第2期のみ散布して頂きました。
計算上16L積載で1-2ha散布可能です


散布区 対象区
このページのトップへ