ホーム > 増収・品質向上のメカニズム

増収・品質向上のメカニズム

    卓越した技術
    • 従来の葉面散布の問題は、クチクラ層がバリアとなり、散布した成分量の半分も吸収できないことでした。また、一般的な展着剤を使用した場合、葉面にダメージを与えるという問題もありました。一方、ニュートリバント プラスは、緩やかに吸収され続けることで、従来の常識を超える多量の養分を供給できます。この全く新しいメカ二ズムは、組織を傷つけることなくクチクラ層を通りゆっくりと浸透していきます。さらに養分を吸収・固定して、肥効を3-4週間持続させた後、分解されるという画期的かつ安全なものです。

    • この技術はイスラエル国立ベン・グリオン大学において研究され、葉面施肥の国際シンポジウム(2001)での発表以降、葉面施肥技術のブレイクスルーとして認知され、世界の主たる農業国の様々な作物において増収・品質向上の実績を上げています。多量要素の中でリン酸(P)は最も吸収移動しにくい成分です。一般的な展着剤を使用しても吸収率は僅かの向上を見せるのみですが、ニュートリバント プラスの場合、リン酸(P)の吸収は3週間以上にわたって持続し、最終的に吸収量は3倍以上に達するという結果が出ています。


    • 吸収比較の画像


    • 増収・品質向上のメカニズム

    • ニュートリバント プラスの葉面散布により、従来の常識を超える多量の養分供給が行われることで、下記の光合成と呼吸の好循環により、増収と品質向上に結びついていきます。


    • 増収・品質向上のサイクルの画像

  • ニュートリバント プラスは、葉面から主要栄養素と微量栄養素を補給することで、積極的に減収リスクを軽減します

  •  
  • リン酸
  • - 根の伸張と発芽のスイッチとして機能します
  • - 開花を刺激し、果芽の形成と早期の結実を強化します
  • - 根腐れや病気への抵抗力を高めます
  • - 耐霜性を高めます
  • - 作物中のエネルギー蓄積と交換を安定させます

  • 加里
  • - 耐霜性を高めます
  • - 開花期前の作物の強度を高めます
  • - 茎の強度を高めることで、倒伏しにくくなります
  • - 過乾燥・高温への耐性が向上します
  • - 穀物中のでんぷん・油分、たんぱく質を生成します
  • - 作物の品質(サイズ、色、味)を向上します
  • - 貯蔵性を高めます

  • 苦土
  • - 葉緑素形成の主要
  • - 光合成を促進します
  • - エネルギー代謝に必要な発酵過程を促進します
  • - クロロシスを防ぎます
  • - 特にカリウム欠乏の土壌に必要となります

  • マンガン
  • - 葉から根への糖分の蓄積と移動に影響します
  • - 新しい細胞を作り出すことを刺激します
  • - 土壌の鉄分を吸収を促進させ、クロロシスを防ぎます

  • ほう素
  • - 花芽形成など生殖器の形成・発達を促進します
  • - 細胞膜の形成に寄与し、作物中のカリウムの吸収に影響します
  • - 成長した葉から実や根などのより活発な部分への糖分移動速度が改善されます
  • - 豆類の塊根の成長を促進します
  • - 作物中の油分を高めます
  • - かびなどの病気への抵抗力を高めます
  • - 過乾燥・高温への耐性が向上します
  • このページのトップへ