ホーム > 養分吸収と栄養供給

養分吸収と栄養供給

    養分吸収の過程
    • ①葉面散布液で葉の表面を濡らす
    • ②表皮細胞の外壁を通じて浸透する
    • ③細胞膜の外皮の中に侵入する
    • ④葉のシンプラストに取り込まれる

    • 養分吸収の過程の画像

    • 葉の内外への養分の転流

    • 一般的に養分は葉で最も集約されるため、欠乏症もよく観察されます。典型的な根からの養分吸収に比べ、葉からの養分の移動は、5-20倍(一部の栄養素は100倍にもなる)効率が良く、速いと考えられています。葉面散布後、葉から吸収された養分は、栄養素の種類によって移動性の高さが異なります。

    • 高移動性…窒素、リン酸、カリウム
    • 中移動性…硫黄、苦土、ホウ素、モリブデン
    • 低移動性…石灰、マンガン、鉄、銅

    • 高移動性の栄養素は、吸収された部分から上方へも下方へも移動します。これらの栄養素は、葉からつぼみや新葉、成長中の根など特に養分を必要としている部位へ運ばれます。一方、低移動性の栄養素は葉の中に留まり、他の部分へ転流することはありません。


    • 養分転流の画像

このページのトップへ